本文へスキップ

腕時計・貴金属などに、メッセージ・家紋・イラスト・ロゴマークなど彫刻加工いたします。

 

世界に1つだけの贈り物になります

究極の1点ものという考え方

刻印の魅力は、なんといっても「世界に1つだけ」という付加価値が生まれることです。
大切な人からのプレゼントは、どんなものでも嬉しいものですが、
もし、そのプレゼントが他にはないものだとしたら、喜びはまたひとしおです。
他のどこを探しても、同じものはありません。まさに究極の「一点もの」なのです。
世の中には似たような時計やアクセサリーがたくさん流通していますが、
あなたのメッセージが刻みこまれたものは、唯一無二のギフトに変身します。 

既製品にあなたのオリジナリティをプラス

大切な人への贈り物。いろいろ吟味して選んだものだけど、
それをそのままプレゼントするだけではなんとなく味気ない・・・。
何かもうちょっと、自分のオリジナリティを加えたい・・・。
そんな時、刻印サービスは力を発揮します。あなたのメッセージを刻むことで、
あなたの個性やテイストを盛り込むことができるのです
受け取った方は、あなたの心配りや気遣いにきっと心打たれることでしょう。

サプライズの演出

贈り物を受け取るとき、私たちはまさか刻印がされているとは思いません。
だからこそ、刻印が施されているのを発見した時は「ええ~!」という驚きが生まれます。
刻印をすることで、相手により一層強いインパクトを与え、印象付けることができます
あなたの想いは相手の心に刻まれ、一生忘れられないメモリアルなシーンになるでしょう。
ここぞという時や、 大切な方への記念品に、「かけがえのない贈り物」をお探しでしたら、
ぜひ吉田彫刻の刻印サービスをお試しください。刻印は贈り物をより素敵にグレードアップ
するとっておきのサービスです
。きっと皆さまに喜んで頂けること間違いありません。

専用彫刻機による刻印 (完全手動)

当社では、専用の彫刻機で刻印しています。電動ではなく、職人が1つ1つの工程をセットし、
視覚や手の感覚やを総動員して丁寧に彫っています。

※金属彫刻というと、「のみ」のような工具を用いて、カンカン叩いて彫っているイメージを
思い浮かべるかもしれませんが、当社では時計のような精密機器に対して打刻( だこく)は
していません。時計を傷つける恐れがあるからです。また、レーザー彫刻のように焼き付ける
というやり方でもありません。
レーザー彫刻
レーザーを照射することにより、金属に焼き付けすること。「彫る」というより「印刷」に近い感じなので、あまり深さがなく、長年使用していると文字が薄くなってきます。均一で同じ風合いに仕上がる反面、大量生産されたものという感じが否めません。

    

         彫刻作業の流れ

イメージ01


まず時計を専用の彫刻機に時計をセット。
※時計の裏ぶたははずしません
大切な時計に傷がつかないように、しっかり養生していますのでご安心下さい。      
イメージ01


時計のデザインやスペースを考慮しながら、文字の大きさや配置などのバランスを見ます。刻印する際の刃は、最も硬いとされるダイヤモンドの刃を用います。      
イメージ01
いざ、刻印。
右手で型をなぞりつつ、左手の圧力を一定にキープして、細心の注意を払いながら、慎重に文字を刻んでゆきます。時計の材質よって金属の硬さが異なるため、材質に応じて力加減を調節します。これは、長年培ってきた職人の経験値によるもので、決して機械では真似できないものです。      
イメージ01     


文字を彫っては随時、拡大鏡でチェック。
彫りの深さや文字の平行を確認。職人の厳しい目が光ります。丹念に作業するからこそ、人の手による「ぬくもり」のある風合いに仕上がります。
    
   このように、お客様の大切な時計に対して、じっくり時間をかけて向き合い、
   1つ1つ 目で確かめながら作業しています。
  

イメージ01いろいろな金属製品に刻印できます

   刻印加工で多いのは腕時計やアクセサリーですが、金属製品であればほとんどのものに加工が
   可能です。もし、ご希望可の商品があれば、刻印可能かどうかお気軽にお問合せください。
   ただし、金属の性質によって、若干仕上がりに違いが出ます。

●腕時計・懐中時計
●指輪やペンダントのトップ
●キーホルダーやチャーム
●各種記念のプレートや名札・表札
●ZIPPOなどのライター
●はさみや医療器具
●スキットル(ウィスキーなどを入れる携帯用の容器)
●名刺入れなどの雑貨類 など

  


  

イメージ01金属の種類と硬さ

チタン
セラミック
 硬い金属のため、
文字が浅くなります
ステンレス
シルバー
ゴールド
彫りやすく
綺麗に刻印できます

プラスチック
柔らかい(弾力がある)ため
綺麗に彫れません

平面はもちろん曲面・斜面も刻印可能

刻印可能な場所

  • 平 面
  • 斜 面
  • 曲 面
  • 金属ベルトの中留め(クラスプ)

刻印不可能な場所

  • 彫る面にメーカーロゴなどがある場所
  • デザイン模様がある場所
  • ガラス面(スケルトンの部分)
  • プラスチック・革・ゴム

時計に刻印する際、裏ぶたの平らな部分に刻印するのが一般的ですが、時計によっては裏面に刻印スペースがほとんどない物もあります。また、お客様によっては、さりげなく(目立たずに)メッセージをいれたいという方もおられます。そのような場合、時計本体の斜面部分などに彫ることも可能です。また、金属ベルトのアールのついた(円弧状になっている)部分や、留め金部分(クラスプ)にも刻印が可能です。

        刻印可能な場所









平面以外の刻印は非常に難しいので、他店では敬遠されがちですが、よそで断られたものも
当社では可能ということが多々あり、駆け込み寺のような存在になりつつあります。
『ここに刻印できるかな?』と迷われた際にはどうぞお気軽にお問い合わせください。
他では真似できない技術をご提供することでたくさんのお客様に喜ばれております。



             画像にマウスを乗せると拡大表示されます↓
 【ドイツ花文字】 E.OSAKI
 【フランス花文字】 Katsutoshi Shimizu
 【ゴシック体】  2013.6.22 ようこ to けんたろう
【フランス花文字】 K.M /27
    
【フランス花文字】 Y to M
【フランス花文字】 Livestrong  (強く生きよう)
【フランス花文字】 26th  Tsutomu & Yukiko
【フランス花文字】 May 2013
【ゴシック体】 2014.07.06
  

刻印できない部分

   メーカーのロゴや型番などがあらかじめ入っているところ、スケルトンなどのガラス面、
   デザイン模様がある面、ゴムやプラスチックの素材の部分などには刻印できません。
   



横堀りや丸彫り(回転彫り)ができます

  文字の方向は、直線的な「横彫り」が一般的ですが、十分なスペースがない場合や、時計のデザイン
  を生かしたい場合など、円周に沿ってぐるっとまわすような「丸彫り」が可能です。

横 彫 り


文字を左から右へ平行に彫るデザイン

丸 彫 り

時計の円周に沿って丸く彫るデザイン
TOPへもどる